風評被害を対応してくれる会社の特徴

そもそも風評被害とは何か?まずは意味について解説

まずはサイトを洗い出す

まず最初にやるべきことは、「風評被害の発生元であるサイトの洗い出し」です。
例えば2ちゃんねるといった匿名掲示板だったり、TwitterやFacebookなどのSNS、そして会社名やサービス名などのキーワードで洗い出しを行って、サイトを特定します。

次に対応の仕方を考えます。風評被害を食い止めるためには対策の順序が重要なので、逆に間違った対応をしてしまうと被害が加速してしまうため、被害を最小限に抑えるための対策を慎重に立てます。
その対策方法は逆SEO対策などがありますが、今後の被害が起こらないように再発防止を行うといいでしょう。例えばサイトなどを常時監視するための、ネット監視をおいてみるのも一つの手です。

ちなみに逆SEO対策は即効性がありますが、検索エンジンのガイドラインに違反する可能性が高いので要注意です。

その他対策方法や再発してしまった場合

その他の対策方法は「関連キーワードの削除」「書き込みを行ったユーザーの特定」「広告審査」「ウェブコンテンツ対策」といったセキュリティ対策がありますので、その中から適切だと思う対策を風評被害対策会社と相談しておきましょう。

しかし対策を行ったにも関わらず、また悪評が再発してしまうこともあります。そんな時にはまず悪評をデータで保存をして下さい。その後は以前に風評被害対策を依頼した会社へ早急に連絡を入れましょう。そのまま放置しておくと、最初の時と同じようなことになりかねないので、対応の早さ大切です。

風評被害は対策していてもまた起こるものなので、ふたたび再発しないように原因を詳しく解明した後、次の対策を検討しておきましょう。


みんなにシェア

B!